免許合宿にキャリーバッグを持ち込んでもいい?

免許合宿はだいたい2週間位かかりますし、家から遠くに行くこともあってどうしても荷物は多くなるものです。このため、便利なのがキャリーバッグですね。荷物を簡単に持ち運べますが、そもそも免許合宿にキャリーバッグを持ち込んでもいいのでしょうか。

また、キャリーバッグの便利な使い方や安く持ち運ぶ方法を紹介しましょう。

免許合宿にキャリーバッグは持ち込みOK

まず、そもそもキャリーバッグを使っていいかというと、実はOKです。キャリーバッグによりますが、基本的にあまり大きすぎず、なおかつ邪魔にならないようにルールを守った使用であれば、基本的に問題はありません。

使う範囲としては、基本的には家から宿泊までということが多いでしょう。ずっとキャリーバッグで移動する人や、ずっとキャリーバッグで自動車学校内を移動する人はいません。ですが、宿泊施設となる合宿所やホテルなどであればキャリーバッグ程度を置ける場所はありますので、そのくらいの利用であれば問題はないでしょう。

キャリーバッグの大きさはどのくらいまで?

このキャリーバッグの大きさですが、基本的にこのくらいの大きさというルールはありません。だいたい2週間位ですが、大きさについての明確なルールはないようです。ただし、2週間の免許合宿だからといって、2週間分の荷物が入るキャリーバッグでは大きすぎるかもしれません。

というのも、大体の宿泊施設にはコインランドリーやクリーニングなどの設備があります。また、下着やシャツくらいなら洗って部屋に干すことも出来ます。荷物を軽くコンパクトにするためにも、あまり大きな荷物は不要でしょう。

このため、だいたい大きさとしては5泊くらいの大きさで十分という意見が多数です。その中にしっかり荷物を入れていき、だいたい5日分くらいの着替えがあれば問題はないでしょう。

中にはキャリーバッグを置くスペースがなかったり、ベッドの下くらいにしかスペースがなく入らない可能性もありますね。このため、あまり大きすぎても宿泊先で邪魔になる可能性があります。

もちろん2週間分の着替えを持っていっても構いませんが、汚れた衣類をずっと保管するのが嫌だったり、汚れ物を途中で洗えないのが負担に感じたりする人もかなりいます。中には古い服を持っていって着た後に捨てて汚れ物や荷物を減らして帰る人もいますが、2週間分も捨てていい服を持っている人は少ないでしょう。

キャリーバッグの機能面も重要。鍵付きがおすすめ

もしキャリーバッグがあるのなら、出来ればあったほうがいいのが鍵です。これはキャリーバッグの内部の荷物を取られないようにすることはもちろん、荷物の紛失等を防ぐために重要です。キャリーバッグを使う時以外は鍵をかけておくと、荷物がなくなったり取られたりする事を防ぐ可能性が一気に高くなるでしょう。

また、貴重品用の金庫などがない宿泊先の場合でも、金庫の代わりになるかもしれません。また、持ち運ぶ時にはできるだけカートがすべての方向に動くタイプがいいでしょう。キャリーバッグの中にはカートが様々な方向に動くタイプもあれば、そうではないタイプもあります。

簡単に一方向にしか移動しない場合、移動しづらいシーンが出てくる場合もあるでしょう。このため、4輪でカートがどの方向にも動くタイプのほうがオススメです。

キャリーバッグの他にあるといい物

また、免許合宿の場合は他にもいくつかあるといいものがあります。もしキャリーバッグで行く場合、他にもあると便利なものを紹介しましょう。ひとつは、カバンです。これはショルダーでもトートでもいいのですが、資料などがA4サイズのことが多いためそれが入るバッグを1つ持っていくだけで、移動中にもいろいろなものを手に持って移動する必要がなくなります。

財布や携帯電話、ペットボトルの飲み物なども一緒に持ち歩けるので、荷物の紛失も防げるでしょう。これは家から免許合宿先への移動中からも使えます。また、帰りに荷物を入れたり、観光をして帰るならお土産を入れるのにもいいでしょう。

利用シーンがたくさんありますよ。また、折りたたみができるバッグがあると、何かと便利です。これは上のA4のカバンでもいいですし、そうではないものでも構いません。というのも、帰りには荷物が増える可能性もあります。

この時、折りたたみできるバッグがあると、帰りには荷物を折りたたみバッグに入れることが出来ます。最近ではキャリーバッグに引っ掛けて持ち歩けるトラベルバッグというのもあるので、準備しておくといいでしょう。基本的に大きな物が多いので、大容量のボストンバッグなどで十分です。

洗剤もあるといいかもしれません。というのも、荷物を減らして着替えを合宿所で洗う場合、途中で洗濯をすることになります。洗濯については洗剤がなかったり有料の場合もありますから、洗剤を持っていきましょう。また、手洗いをすることを考えているのであれば、小分けにした洗剤があるとかなり便利です。

この場合は粉末洗剤や液体洗剤を細かく分けて持っていきましょう。ちなみにコインランドリーの場合は香りつき柔軟剤の利用は禁止されていることが多いので、香りが強い洗剤や香りつき柔軟剤は避けた方がいい場合もあります。

⇒免許合宿はおすすめできる?体験して思ったこと

キャリーバッグのレンタルもある

もし、荷物をある程度持ち歩きたいけれどキャリーバッグを持っていないし買えない、というのならレンタルをする方法もあります。これは免許合宿のサービスの時に一緒に申し込める場合もありますが、大体はトラベル用にレンタルできるサービスを利用する人が多いでしょう。

誰かから借りることができれば、それが一番安くすみます。ただ、適したものがないのであればレンタルサービスもいいかもしれません。キャリーバッグのレンタルサービスについては、だいたい大きさと借りる期間に比例して金額が高くなります。

また、ブランド物などのいいキャリーバッグになるとそれなりに金額も高くなるでしょう。そして需要が大きな期間、いわゆるお盆や正月、ゴールデンウィークなどに近いと金額が高くなる可能性も出てきます。逆にいえば、小さくて借りる期間が短い、なおかつあまり大きな休みなどがない時期であれば安くなります。

また、学生さんの場合は学割が効く可能性もあります。

その他にも様々な割引を利用すれば買うのよりは安くなる場合がほとんどですので、レンタルサービスも検討してみましょう。